RSS

商品の安全性

お客さまに安心して着ていただけるように縫製時にはマチ針は使用していません。また縫製中にミシンの針が折れることがあります。この場合は折れた針の破片が混入していないか徹底的にさがしますさらに商品を出荷するまえに検針器(針が混入していないかを調べる道具)で検査します。

         折れた針                   検針器

針は先から5mmぐらいの所が生地の重なりが多い部分でよく折れます。この先の部分が縫い目に残ることがあります。それを検針器で調べます。検針器は針があるとランプがつきブザーが鳴ります。ファスナーは反応しないようにつくられています。

この検査は当店製の商品へのものです。

ページトップへ